くすみ治療 > 基礎知識 > くすみ治療の種類

ランキングはこちら

くすみ治療の種類


くすみ治療について

くすみには「シミやアザ/目の周りにクマ/顔全体のメラニン色素の増加/蓄積した角質/お肌の血行不良」等々、さまざまな症状があります。

そうしたくすみの症状に対して、さまざまな治療法があるのも事実です。

例えば…「ビタミンイオン導入/フォトフェイシャル療法/ケミカルピーリング/美白点滴」等々…。

こうした治療法は後項で詳細に説明させて頂くので、この項では「黒くすみ/茶くすみ/青くすみ/赤くすみ」の治療法について考えてみたいと思います。

くすみの種類

○黒くすみ~

お肌の黒くすみの原因は、過剰な皮脂の酸化によるものです。

そして過剰な皮脂の酸化を抑制する治療薬として、「メサルモン-F/低用量ピル/ビタミンB6/ビタミンC」などを処方します。

ちなみにメサルモン-Fと低用量ピルはホルモンの治療薬なので、個人の体調によって合わない場合もあります。

ビタミンB6とビタミンCは副作用もなく、誰でも安心して処方することができます。

○茶くすみ~

顔全体のお肌が、茶色く日焼けしたようになるのが茶くすみです。

そして茶くすみの治療薬として「ビタミンC/トラネキサム酸」が処方され、メラニン色素の生成を抑制する効果があります。

また美容皮膚科などでは、「フォトシルクプラス/フォトフェイシャル/フォトRF」といった光治療が行なわれます。

○青くすみ~

血行不良が原因で発症するのが青くすみです(特に目の下にできるクマ)。

青くすみの場合、血行(血流)を促進させることによって改善することができます。

そして、治療法としては「ヤグレーザーピーリング」があります。

ヤグレーザーピーリングは顔に照射することによって、熱が加わり血行不良を促進させます。
(ちなみに、表面の古い角質を取り除く効果もあります。)

○赤くすみ~

赤くすみは、血液の色素が沈着して発症する症状です。

そして赤くすみを改善するには、茶くすみと同じように光治療が効果的です(「フォトシルクプラス/フォトフェイシャル/フォトRF)。

また、赤いアザ治療に利用される「ダイレーザー」を利用する場合もあります。

「くすみ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

第1位 : 品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

第2位:湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

第3位:オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る